水道水は髪に悪い

育毛シャンプーの光 > > 水道水は髪に悪い

水道水は髪に悪い

水道水は髪に悪いと良く言われますが本当なのdしょうか?

と言うのも、最近何だか髪が薄くなってきたので気になっています。

日本の水道水は、法律によって0,1ppm以上の濃度を保つことが定められてるので、家庭の蛇口から出てくる水は塩素が決められた以上の濃度の塩素が含まれているということです。

 

ある説によると、東京などの大都市では1ppm以上の観測結果が出ることが多いという話もあり、浄水場から近いほど塩素が濃くなるのでしょうね。

実際に小学校の頃、学校のプールの水に入っている塩素で肌が痒くなったり、目が真っ赤になったことがありました。

 

プールに入れられている塩素は0,04ppm以上と決められており、それより高い濃度が含まれている可能性がある水を毎日のシャンプーする時に使っているのです。

どれほど髪や頭皮の刺激になることか改めて考えさせられました。

 

育毛や発毛を真剣に考えるなら、髪を洗う水から塩素は除去したほうが良いかも知れませんよ。

やることはシャワーヘッドを塩素を除去するものに取り替えるだけです。

これはホームセンターなどで売っているので、実際に設置してみたら、これまでの痒みがなくなり髪につやとコシが出てきたように思います。

小林弘子の【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛DVD



関連記事

  1. 水道水は髪に悪い
  2. 毛が生えにくく抜け落ちやすい